人と未来と地球環境のために資源リサイクルを実現します
資源のリサイクルを通じて、循環型社会形成に貢献

 
お問合せ:0234−33−2626

ごあいさつ

代表取締役 佐藤 生一

明治34年より当社は金属くず、古紙の再生利用の一端を担ってまいりました。時代の移り変わりによって、再生資源業も産業廃棄物処理業も範疇とされるようになりました。
地球環境の著しい変化が問題視され、持続可能な経済発展が一大命題と認識されています。大量生産・大量消費に支えられた経済発展のツケが露見したのです。そこで、循環型社会形成推進基本法をはじめ、種々のリサイクル関連の法律が整備されています。
今、資源のリサイクルを業とする、廃棄物の有効利用に役立つ再生資源業が注目されています。
当社は、長年培ってきたノウハウやコネクションで、お客さまに必要とされる企業として存続していきたいと考えています。
ISO14001の認証取得をはじめ今後も社会に認められた企業に成長変化していきたいと考えています。今後ともご支援をよろしくお願いいたします。


経営理念

鍋元商店は東北で一番お客様に「ありがとう」と言われる再生資源業者になります!


行動指針

サービス精神

会社とはお客様があって初めて成り立ち、お客様に対する感謝の気持ちを決して忘れてはいけない。感謝の気持ちも表現しなければ相手に伝わらない。感謝の気持ちを表現できるように、来社してもらったお客様には気持ちよく帰ってもらえるように常に気を使い、お客様の所へ伺ったときにもサービス精神を忘れずに最高のサービスを与えよう。

考えて働く

与えられた仕事をただこなすだけでなく、何のために今この業務をしているのか考えながら仕事をしよう。問題意識を持って業務に取り組むことによって、無駄な業務を発見し効率よく仕事をこなせるようになってくる。常に頭を使って業務に取り組み気付いたことを会社に提案しよう。考えるだけでなくその中からの「気付き」をいかに伝えるかがもっと重要である。頭を使い働くことが競合に負けないサービスをもった鍋元商店の構築につながる。実行なくして収穫なし。